創立費と開業費

創立費とは

創立費とは、会社を設立する前にかかった費用のことです。つまり、登記前に必要とする支出は、創立費として会計処理ができます。私の場合は

  • 電子定款認証費用
  • 設立登記に必要な印紙(登録免許税)
  • 設立登記に必要な印鑑証明書など

開業費とは

開業費とは、会社を設立(登記)してから、営業を開始するまでにかかった費用です。とはいっても、私の場合、店舗や従業員などはありませんので、開業のためにかかった費用はほとんどありません。

繰延資産にできる

創立費と開業費は繰延資産にできるそうです。そのため、利益が出そうなタイミングで費用処理すればいいわけですね。額としてはそれほどのものではありませんが、ちょっとした「へそくり」感覚ですね。

創業費・開業費ではないもの

  • 印鑑セット(創業後もずっと使うため)
  • OA機器(創業後もずっと使うため)

Follow me!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *