はじめての給料日

売上なくても給料日

今月設立した会社なものですから、当然役員報酬を払うだけの売上はあがっておりませんが、粛々と給与計算をしていきます。自分たちの。

計算方法

役員報酬は基本的に固定ですので、

  1. 役員報酬 – 健康保険料 – 介護保険料(40歳以上)- 厚生年金保険料 = 課税対象額(※1)
  2. 課税対象額(※1) – 源泉所得税額 = 差引支給額

となります。仕訳におきましては、勘定科目で「役員報酬」に支払報酬の合計額を、および「預り金」に源泉所得税の合計額を記帳致します。

社会保険は末日分を翌月に払う

当社は設立が今月(1月)ですので、今月の健康保険・介護保険・厚生年金保険につきましては来月払いとなるようです。なので、今月だけは支給額・源泉所得税ともに微増となってしまいました。仕方ありませんね。

人事労務Freeeで検算

とうとう会計Freeeを年間契約してしまった当社ですが、人事労務Freeeもトライアル期間で1ヶ月試用しております。そのおかげで検算できました(初月から社会保険を控除しようとしておりました)。

来月の給与までなんとかトライアル期間中に計算してもらって、あとは粛々と年末まで同じテンプレートを使い倒していこうと思います。

Follow me!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *