企業サイトの制作

このサイトを作るにあたって

Webで日記をつけ始めてからはやくも25年が経とうとしています。ある時期にはLaTeXなども使って書いていましたが、現在に至るまでHTML手打ち(+Perlのテンプレート出力スクリプト)を使って非公開の日記をつけております。そんなわけでWebサイトは作れるのですが、なんというかイマっぽいレスポンシブでSPAなイケイケサイトは作り慣れていないのです。

というわけで、皆さんが見ているkitanetworks.comのウェブサイトも当然のようにスクラッチから作っています。

使っているもの

  • Google Compute Engine (米国西海岸リージョン) 無料で構築できるのはありがたいですね。
  • Google Analytics(ほとんど流量はありませんが…)
  • Ubuntu Linux(Slackware, FreeBSD, CentOSなどを経て、イマはUbuntu LTSに落ち着いています)
  • WordPress (まあ定番ですよね)
  • Lightning (BizVektorさんの無料テーマ。ビジネス向けに素晴らしい機能が揃っています)

Lightningテーマですが、投稿ページ(=ブログ)がどうしても全文表示になってしまって大いに悩みましたが、WP Multibyte Patchプラグインを入れたら抜粋表示がされるようになりました。

ドメイン取ったら2週間以内にメール有効性認証をしよう

むかしからお名前.comでドメイン取ってるのですが、最近はICANNの方針で、Whois情報の真正性を確認するために「メールアドレス有効性認証」なるものが行われており、登録メールアドレスに届いたリンクをクリックしないと2週間で一旦解決できていたDNS情報が止まっちゃうということを知りました(体験しました)。

ちょうど客先デモをする1時間前にウェブサイトが動かなくなって、ブラウザがERR_NAMENOTRESOLVEDとか返してきたら息が止まりますよね…

迷惑メールフォルダは時々チェックしましょう(自戒)。

Follow me!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *