社内規程ことはじめ

社内規程の必要性

法人格を立ち上げますと、各種の費用を損金として帳簿に計上していきます。

このうち、打ち合わせなどで外出した際の旅費・交通費などは、一般的に損金に計上できますよね。でも、出張などではどうしても細かい飲食費など様々な費用がかかります。厳密な実費精算を行うことは難しいため、「日当」を支給することを定めれば、交通費の実費以外にも、日当を損金として計上することが可能です。この日当は所得税法上の非課税経費となります。

旅費規程の作成

当社では、社員の国内日帰り出張の際は「指定席特急券まで利用可、日当2,000円」、国内宿泊出張の際は「宿泊費上限10,000円、日当3,000円」、航空機による出張の際は「ディスカウントエコノミーチケット実費」を支給することに致しました。これらは旅費規程として制定してあります。

Follow me!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *